第79話 IASB公開草案「投資会社」②

前回に引き続き、公開草案「投資会社」について説明します。

公開草案の概要

  • 投資会社は、被支配企業に対する投資を、IFRS第9号「金融商品」に従って、
    損益を通じて公正価値で測定
  • 追加的な開示
  • 投資会社でない親会社には連結除外規定は適用されない。 子会社が投資会社の場合、その会社の子会社の評価は公正価値で評価され、 連結されないが、親会社が投資会社でない場合は、子会社の決算では公正価値で評価されたものでも、連結することが必要。

図1

図1

投資会社の定義(すべて満たす必要あり)

  • ファンドの唯一の実質的活動は、資本増価及び(又は)投資収益を得るために複数の投資を行うことである。これらの活動がファンドの目的であることについて、投資家に
    明確にコミットメントしている。
  • ファンドが、その純資産の比例持分に対する権利を表すユニットを発行し、専門的な投資管理サービスを利用する目的で投資家からの資金がプールされ、
    発行したユニットの大部分を投資家の親会社とは関連ない投資家が保有している。
  • ファンドによる実質的にすべての投資の管理及び運用成績の評価を公正価値で行っている。

海景君の感想

『子会社が投資会社で親会社が非投資会社の場合は、親会社はすべての子会社を連結する必要があるのだ。これは要チェックだ。』

コメントは受け付けていません。